ガーデニングを趣味にしよう

私の趣味の一つであるマンドリン演奏の、魅力と楽しみ方をご紹介します。実際に演奏する事で、身も心も癒されます。

ガーデニングを趣味にしよう

私の趣味のマンドリン演奏について。

ガーデニングを趣味にしよう
日本におけるマンドリンの歴史は、およそ120年前に日本で演奏された記録があり、これが最も古いものだと思います。この時演奏された楽器は、イギリス人より寄贈されたものだったそうです。マンドリンと言いますとイタリアというイメージがあったので、これは少し意外な情報でした。私が最初にこの楽器に触れたのは、高校の部活動での事で、先輩の奏でる音に魅了され、自分も早く弾けるようになりたいと、毎日夢中で練習に励みました。そして各パートが一同に集まり、合同演奏をした時には、なんとも言えない感動で胸が一杯になり、益々、やる気が出ました。そして、これは私の一生の趣味になると直感しました。

部活動での演奏が卒業と共に終わると、今度は、社会人のマンドリンアンサンブルに入会し、それぞれ演奏歴の違う人びとと演奏する事と、今まで弾かなかった曲との出会いが嬉しく、さらなる技術の向上を目指し、自己練習に励む日々が続きました。定期演奏会や近県のアンサンブルとの合同演奏会、そして不定期にある小規模な演奏会への出演など、プログラムが沢山ありますが、本当に楽しいので少しも飽きたりしませんでした。今では子供達への指導もしていますが、みんなのキラキラ輝く瞳を見ていると、昔の自分を思い出し嬉しく思います。これからも大切な趣旨として、楽しんで弾いていきたいとおもいます。